一日二食

オーケストラホルンというコンビでフリー芸人をやっています。その日起きたことやふと思ったこと、ライブの告知を主に書いていきます。

ベーシックインカムはよ

俺『バイトを辞めたい。バイトを辞めたいと言っても、今のバイトを辞めて他のとこへ行きたいというわけでは無い。バイトという概念と縁を切りたい。

勘違いして欲しくないが決して今のバイトに不満があるわけではない。時給は深夜で1500円だし交通費全額支給で定期を作れるし福利厚生整ってて厚生年金に加入させてもらっているし有給つくし服装髪型自由だしAIの進歩で仕事が減りまくったおかげでyoutubeを見ながら暇をつぶすだけ。恐らくここを超える好待遇のバイト先はなかなか無いと思う。

それでもバイトをしたくない。絶対に。

 

ここ最近、少しずつだけどライブやら打ち合わせやら本業に関するスケジュールが増えてきて(意図的に自分で増やしたものばかりだから業界評価が上がってきた訳では断じてない)、非常に充実した日々を送れている。その本業に関する用事で懐が潤うことは全くないのにもかかわらず。

若手芸人になるという決断をした時点で、少なくとも20代は金が無い状況になる事を受け入れているので、お笑いをする時間を切り崩して必要以上のバイトをして金を稼ぐ行為に全く意味を感じられない。手っ取り早く金が欲しいなら就職してるんだから。

 

月末に金が余っているということは本来他のことに使えた時間で余計なバイトをしてしまったという事なので、月々の収支はプラマイ0もしくは赤字くらいがベスト。赤字はよほど下手な散財をしていない限り無駄なバイトをしていないという事の証明だから。(赤字になる人は金の使い方が下手な人が大半だけれど)ライブやら打ち合わせやら自主ラジオやらお手伝いやら、とにかく本業に関することならなんでもいいので、スケジュールを埋め尽くしてバイトが付け入る隙もないようになるのが理想だと思う。

幸運にも実家がライブ会場まで通える立地にあるので絶対に飢えることがないセーフティネットが用意されているし、自分の1ヶ月最低限必要なお金をしっかりと管理できるのであれば貯金なんて殆ど無くたって豊かな生活を送れる。結局金に困るやつは年収1,000万超えても金に困るし、金に困らない人は年収100万でも金に困らない。

 

つまり言いたいのは、金に困る道を選択したんだから中途半端に金を持つために必要以上にバイトをしちゃいけないんだ。自分の最低限必要なお金を把握して最小限もしくはそれ以下の収入に抑えて本業の時間を確保すべきなんだ。そうしないと俺がこの道を選んだ意味がないんだ。

だから今日のバイト休みたいです。』

 

上司『ダメです。』