一日二食

オーケストラホルンというコンビでフリー芸人をやっています。その日起きたことやふと思ったこと、ライブの告知を主に書いていきます。

トランス祭

3連夜勤1日休み3連夜勤を乗り越え、久しぶりの休みだったので高校の同級生と地元のスーパー銭湯に行った。

歳をとったせいか休みにレジャー施設に行くよりかは、スーパー銭湯のほうが100倍くらい楽しい。東京ディズニーリゾートのミッキーより、地元のスーパー銭湯のしなびた受付のおばちゃんに会いたくなったのは成長か退化かはたまた。

 

銭湯は元々好きだったが、kindleで見つけたサ道という漫画を読んだせいで最近サウナにも目覚めた。

 この本を読むまではサウナは特に好きでも嫌いでもなく、入場料金に含まれてるなら入っておこうかな位だったが、サウナに入った後の水風呂で身体をしっかりと冷やし、またサウナに入って身体を温めるという温冷交代浴を知って興味本位で試してみたらサウナにドはまりしてしまった。このリンクから飛んで購入しても僕に一円も入らないので、安心して読んで欲しい。一緒にサウナに行きましょう。

 

銭湯で身体が温まったまま外に出てタバコを吸っていたら、気持ちが満たされすぎてもう売れんでええわという気持ちになっていた。

何もかもが揃ってる今の時代、ある程度の収入があったらささやかに楽しく暮らしていける。インターネットの普及のおかげでどこでも映画を観ることはできるし、あふれるほどの音楽がストリーミングで聴けて、YouTubeには一生かけても見きれないほどの無料動画がある。そんな満たされて育った世代の物欲や昇進欲が薄くなるのはある意味当たり前で、がむしゃらに足りないものを埋めるように働く事は、よほどその仕事に没頭できたり生きがいを感じないと難しいと思う。

業務内容完全無視で時給がいいからという理由で入ったバイト先に週4~5で働いているが、もし芸人もせずにこのバイト先が人生のメインだったらと考えると発狂しそうなる。仕事に適性もやりがいも感じずにお金のために割り切って働く時間は本当にしんどい。

そんな中、もちろんうまくいかないことだらけだし、人に自慢できるような成績はまったく修められてはいないけど、自分が昔からなりたかった職業に没頭できてる今の状況がめちゃくちゃ幸せだなと思った。普段このAVが疑似挿入か否かどうかくらいしか考えていない自分が瞑想状態に陥るくらいサウナは良いんでまじで試してみてください。

 

このままじゃ現状に満足しすぎて悟りの境地に辿り着きそうなので、とりあえずバイトをやめてお笑いで食っていく事をモチベーションにまた頑張ろうと思ったが、帰りにミスチルを聴きながら深夜の国道を走ってる時に楽しすぎてまたトランスしそうになった。満たされた現代がどうかとかじゃなくて、単純に俺の幸せのキャパが異常に狭いだけなのかもしれない。