一日二食

オーケストラホルンというコンビでフリー芸人をやっています。その日起きたことやふと思ったこと、ライブの告知を主に書いていきます。

ダンガン宇都宮 後半

小時飯屋でフルーツサンドを食べた後、バスに乗って大谷町へ。平日のこの時期はやはり観光客は少ないらしく、また外国人観光客も少ないので、バスの中は僕とほぼおっぱいみたいなセーターを着てる女と日本代表の遠藤みたいな顔をした男のカップルしかいなかった。

バスの中は気まずかったけど、宇都宮の街はなんだかとても居心地が良かった。今日軽く散策しただけだけど、発展していながらも東京ほど騒がしくなく、観光地としての日本らしさがあって魅力に溢れた街だった。自分は高校3年生の時の受験期をほぼ大宮で過ごしたので大宮がすごい好きなんだけど、世の中には大宮と同じくらい素敵な街があると思うと人生もまだまだ捨てたもんじゃないよね。

 

f:id:ffb_wm:20180217031308j:image

途中作新学院のバス停があり、甲子園見てたからちょっと興味湧くけど、一時間に一本のバスを降りるほどじゃないなと思って通り過ぎたら正門がとんでもなくて2秒で降りればよかったと後悔した。アップルの新社舎みたいな門の横に2階建てのバカでかい駐輪場が併設されてて、宇都宮駅より栄えてた。まじで。

とりあえず作新学院を横目にバスに30分ほど乗り大谷資料館へ。

大谷石という有名な石の採掘場をそのまま資料館にしたというもので、地下に広大に広がる採掘場がウリ。

f:id:ffb_wm:20180217031839j:image

駐車場の横に巨大な岩山。写真じゃすごさが伝わりにくいのか残念だが、ものすごい存在感。ここまで大きな岩山を見たことないから普通にビビる。

f:id:ffb_wm:20180217032039j:image

これが地下の採掘場。いや、ドラクエの神殿やん。ダンジョン感がものすごいなと思ったら、勇者ヨシヒコの撮影でバリバリ使われていた。ここ最近だと今放送中のリピートの主人公たちがリピートした場所の撮影場所でもある。

たしかにこんな雰囲気のある場所は日本にそこまで無いだろうな。

f:id:ffb_wm:20180217032306j:image

中を探索していると、めちゃくちゃ舞台に使えそうな場所を見つけた。クソ尖った人がここで単独とかやらないかな。完全に圏外だから携帯が鳴りようもないし。

f:id:ffb_wm:20180217032459j:image

触れるとHPMPが全快しそうなオブジェクト。

基本的にこれでもかと言わんばかりになんでもライトアップをする傾向がある。

f:id:ffb_wm:20180217032613j:imagef:id:ffb_wm:20180217032623j:image

 デジタル掛け軸という、岩にプロジェクションマッピングをして掛け軸を表現するという尖り散らした企画が行われていた。500円を払って入場したが、プロジェクトマッピングがブースの外から見えちゃってて少し損した気がしてしまった。いや、展示は良かったんだけどね。めちゃめちゃフォトジェニックではあったよ。

 

f:id:ffb_wm:20180217032835j:image

帰りの階段でのもうええわ。

 

f:id:ffb_wm:20180217032917j:imagef:id:ffb_wm:20180217032923j:image

そして歩いて10分くらいにある大谷寺へ。

f:id:ffb_wm:20180217033155j:image

ここは日本最古の石仏が納められているらしい。ぱっと見普通の立派なお寺だけど、普通のお寺と違う点が一点ある。

f:id:ffb_wm:20180217033219j:image

真上に普通に岩山がある。

なんだこの訳あり物件は。ここで無心になれるお坊さんのメンタルよ。中の石仏は画像を調べて見たら分かけどものすごい荘厳。京都の神社仏閣とはまた違って昔の人すげえとしか出てこない。料理の美味しさも表現できないやつがましてや石仏を表現できるわけもなく、文章力のなさが露呈するだけだからもうここまでにしておきます。

f:id:ffb_wm:20180217034403j:image 

大谷寺のすぐ近くにある平和観音。

これが歩いてると急に右手に現れるから心臓に悪い。太平洋戦争の戦死者を弔うために昭和20年代に総手彫りで作られたとのこと。

平和観音の横に階段があって、同じ目線に立つことができる。

f:id:ffb_wm:20180217034932j:image

裏からのお姿。横でカップルがいちゃついてて、平和だなとしみじみ感じてやった。

f:id:ffb_wm:20180217035035j:imagef:id:ffb_wm:20180217035046j:image

平和観音からバスに乗り、途中の栃木県立美術館へ。チケットを買うときに特別展前提でチケット買うと、全く予定してなかった展示会だったとしてもこれ目当てで来た通な客に擬態できる。

f:id:ffb_wm:20180217035619j:imagef:id:ffb_wm:20180217035626j:image

旅の最後に宇都宮で最も有名な餃子専門店の宇都宮みんみん本店へ。夜になると長蛇の列になるが、着いた時間が17:30ごろだったので、そこまで並ばずに店に入れた。

f:id:ffb_wm:20180217035817j:image

焼き餃子、揚げ餃子、水餃子の3種がメイン。

f:id:ffb_wm:20180217040100j:imagef:id:ffb_wm:20180217040104j:image

焼き餃子と水餃子を注文した。料金がほぼ餃子の王将と同じなのに、クオリティーがすごい。いや、餃子の王将死ぬほど好きだけど。いくらでも食べれる。いや、餃子の王将もいくらでも食べれるけど。今日食べ比べた餃子の中では焼き餃子はかなりスタンダードな部類なのかな。ジューシーだけどさっぱりしていて、飽きがこない餃子だった。

f:id:ffb_wm:20180217040900j:image 

隣の人が注文してるのを見てどうしても飲みたくなって注文してしまった宇都宮の地ビール、餃子浪漫。名前の通り餃子のお供に作られた地ビールで、雰囲気も相まって酒をよく知らない僕は最高の気分になってしまった。まあ旅行なんてそんなもんだろう。みんみんの餃子を堪能し帰りの電車へ。

f:id:ffb_wm:20180217041503j:image

その日のテンションで突発的に来てしまったが、大満足の日帰り旅行だった。日帰りだと着替えも持たなくていい上に、トータルでかなり安く済む。交通費含めて7000円程度だった。

これで銭湯もあったら最高だよなと余っていたら近くに日帰り温泉があるらしくて、どこまで魅了する気だよ宇都宮。

f:id:ffb_wm:20180217042208j:image

本場の餃子は違ったな〜と思いながら帰宅をしたら、親がスーパーの餃子を買って来ていた。

いや、本場の味を知った俺がスーパーの餃子で満足できると思うなよと思ったが、普通にこっちもめちゃくちゃうめぇ。スーパードライ馬鹿うめぇ。