一日二食

オーケストラホルンというコンビでフリー芸人をやっています。その日起きたことやふと思ったこと、ライブの告知を主に書いていきます。

うまくなれよという意見は抜きで

なんとかM-1一回戦落ちから立ち直りつつある。

結局俺が落ち込んでいるのは決勝に行けなかったからではなく、目先の周りの人達からの評価が気になっていただけであって、チンカス芸人が世間に風穴を開けない限り一回戦で落ちようが二回戦で落ちようが、この世になんの影響も与えない。そう思うことによりなんとかまた前を向くことができた。(焼肉とアルコールとニコチンのサポートも含む)

今年一回戦で落ちたからといって、来年の審査に影響があるわけではない(はず)なので、世間や親の目線を気にせず一本でも多く基地外小噺を考えて、基地外の精度を上げていくしかないのだ。

 

ここ数ヶ月で基地外小噺に関する考えがなんとなく変わってきた。

お笑いを始めたての自分は台本が完璧に面白い基地外小噺をやりたがっていた。お笑いをやるにはあまりにも普通な見た目がコンプレックスだったということもあり、その反動で誰がやってもそれなりに乗りこなせるしウケるものを作ろうと思ってネタを作っていた。

それはそれで今ももちろんやりたい気持ちはあるのだけれど、それをやるにしては自分は漫才が下手すぎた。加えて育った環境で使ってきた言葉が関東弁な時点で関西弁のリズムと語幹の良さに負けるし、先輩の完全な下位互換にしかなれない。そんな中で我を通して誰にでも当てはまる大衆的な武器を持ち続けても、そういうネタは世間に質、量共に十分すぎるものが転がっているわけで。

満員電車に乗らず、着たくもないスーツを着ないでお笑いだけで飯を食おうと思ったら、他人がやっても面白くはないけどその人がやったら面白いものをやった方が美味しいご飯が食べやすいのだ。養成所時代の講師の「自分にしかできないことをやれ」という言葉の意味がやっと1%くらい理解できるようになれたので、初期アバターみたいな僕とアンジェラアキみたいな二人でしかできないものをまた探ってみたいと思う。

M-1グランプリ2018

M-1グランプリ1回戦敗退した。

あれほどびくびくしながら、「まあ今まで1回戦は落ちたことないし、蓋開けてみたら楽勝だったってオチだろ白米うまっ」と楽観視し続けていた結果、最悪の事態に陥ってしまった。

 

1回戦敗退。M-1出場者の誰一人抜かしていない。若手漫才師でM-1に参加しない奴なんていない。全員参加。つまり俺は今の所日本で一番面白くない漫才師タイということになる。(エントリーし忘れた漫才師も少なからずいるだろうが、エントリーし忘れちゃったこと自体がもうちょっと面白いので、1回戦で落ちた俺より面白い)

 

これからは1回戦を通過するまで、最も面白くない漫才師という立場をわきまえて行動をしなくてはいけない。エントリーライブの楽屋で荷物を置く時も限界まで隅に逃げなくてはならない。日本で一番面白くない漫才師なのだから。

後輩に物を奢る時も「普通にお金を払うくらいしかできなくてごめんね」と思いながら万札を出すべきだ。日本でドベの漫才師なのだから。

家でAmazonプライムビデオを観ながらゴロゴロする時も、コーラとポテチをお供にすることは控えるべきだ。日面な漫(日本で一番面白くない漫才師の意)なのだから。

 

とにかく今までの驕りを猛省し、血反吐を吐く思いで努力していかなければならない。再エントリーの抽選に漏れないようにM-1グランプリ事務局に足を向けて寝ないようにしよう。

※まるで後輩に対して太っ腹な先輩であるように書いてしまったが、後輩に奢った経験はほとんどない。そもそも仲のいい後輩がいない。ごめんなさい。

試験前のあの感覚

noteに移行する雰囲気を出していましたが、結局はてなブログで更新することに決めました。

ブログを開設する時にはてなブログかnoteかで悩んだ結果はてなブログを選んだのですが、はてなブログを選んだ途端にnoteが大ブームになるという大外し。先見の明がなさすぎる。

負けを認めてnoteに移転するのもよかったのですが、十数程度の雑文でも自分なりに頑張って絞り出した脳汁ですし、インターネットの海に放浪させるのもかわいそうだなと思ったのではてなブログとともに心中しようと思います。

なので僕に投げ銭をしようと思っていた人は直接僕に硬貨を投げつけてください。

 

M-1の一回戦が8/15に決まった。胃が痛すぎる。

前回の記事で同じようなことを書いたけど、今回も同じようなことを書く。不安でこのことしか考えられないから。

一応これまで参加したM-1では一回戦はなんとか通過していたのだけれど、今年は事務所を離れて新コンビで挑戦するので自分でもどうなるのか見当がつかない。前のコンビでは自分がボケを担当していてネタも自分が書いていたので、ある程度どこにどう力を入れるべきなのかがうっすらうっすらと分かっていたつもりなのだが、今年は自分がツッコミにまわっているため福田に結構な比重がかかっている。

もちろん信頼していないわけでは無いけど、自分は恐らく世話を焼きすぎて子供を信頼しきれていない馬鹿親みたいな習性があるので、漫才においても自分でボケを投げて自分で拾いに行く自己完結な構成にしがちだ。今まで組んできたコンビがほとんどそうだった。今のコンビになってから初めて自分がネタの舵を譲った。(あんな見た目をしてる奴がyahooの初期アバターみたいな顔の男に振り回されるのも訳わからないから当然といえば当然だけど)だからこんなにふわふわした気持ちなのかもしれない。

自分なりに新しいスタイルで迎えるM-1、まあなるようにしかならないのは分かってるんですけどね。

 

ネタ作りやコンビの内情について語る事のメリットのなさは分かってるつもりですが、定期的に吐き出して自分の中で整理をする目的で書いてるので、便所の落書きだと思って読み流してください。

雑記

今は夏なのですかそれとも梅雨なのか。梅雨というには晴れすぎてるし、夏というにしては陰湿すぎる湿度。日本の悪いところをトッピング追加して、マシマシにしたみたいな天候が続いている。

夜勤をして朝7時に寝る生活をしていると日中の寝苦しさはというのは死活問題で、午後2時ごろに日差しで屋外駐車場に放置されたN BOXに閉じ込められた赤ちゃんみたいな状況で目覚める羽目になる。育児放棄されたかわいそうな子供が車内で干からびた事件なら世間の同情を引けるだろうけど、大学まで出させてもらいながら就活せずにフリーライブに出ている陰毛みたいな芸人が家で干からびても、良くて痛いニュースにまとめられるくらいだ。

そんなに暑いならエアコンでもつければいいと思うだろうけど、エアコンをつけ始めたその日に、エアコンからゴキブリが出てきて女みたいな叫び声をあげたあの夏の日から、俺のエアコンへの不信が止まらないんだ。

 

賞レースの時期がしれっと迫って来ている。

毎年この時期になると、胃がキリキリとしてくる。去年はM-1グランプリの1回戦をはほぼ劇場まで見に行った。M-1の1回戦というのは、1日に通す割合がほとんど決まっていて、レベルが高い日には有名どころでもぽろっと落ちたりして、低い日には素人でも通ったりする。

この素人でも通ることがあるレベルっていうのが、1番胃を苦しめてくるのだ。1回戦に落ちるというのは、素人もたまに通るラインすら超えていないですよと世間に言われたようなもので(審査員もたかが知れてるレベルの人が多いからそこまで信用はできないんだけど)、細々とした俺は面白いはずだというプライドをバキバキにへし折ってくる。毎年後半にエントリーして悩み倒す日々ご長くなってるから、今年は早々にエントリーしようと思う。

そういえばTHE VERY BEST OF FREEというフリー芸人の大会の予選でしれっと負けてきた。しれっと負けた後家でゴロゴロしてたら、再エントリーが締め切られていた。フリー芸人世の中に多すぎワロタ

 

マセキ芸能のオーディションに初めて合格させてもらった。事務所探しをしていて、世間は思っていたより即戦力を求めていると肌で感じ始めていて、もう自然体でネタをやって、ありがたいことに気に入ってくれた事務所に行かせてもらいましょうとなっていたので、このタイミングでの合格は渡りに舟だった。所属するためには最低でも1年はオーディションに合格しなきゃいけないらしく、長期戦になる事は必至ですが、大人に尻を叩かれた方が頑張れる自分としてはありがたいことなので、なんとか食らいついていきたいです。見てますかマセキ芸能社さん。薄汚いことしか書いてないので、もし見てたとしたら今すぐブラウザを閉じてください。

7月12日の19時からオリーブゴールドというライブがあるのでよかったら来てください。ブログへのコメントもしくはTwitterに連絡くれればチケットご用意します。

 

 

f:id:ffb_wm:20180629101148p:image

このブログのアクセス数のの95%が春とヒコーキの山口です。

福田が青姦を見た話

夜勤中に、普段業務連絡以外であまり連絡をよこさない福田から急にラインが来た。

 

「青姦見ちまった」

 

翌日福田から話を聞くには、夜中ぶらぶら散歩をしていたら通り道のベンチに人影があって、そのまま目の前を通りかかってみたら、大学生くらいの顔面偏差値の高い女の子と普通の男が、ベンチで対面座位のままパコっていて、結合部分も見えたらしい。

「実際に見ると全く興奮しない。青姦を認められない自分が悔しいよ。」と福田は言っていたが、本人曰く目の前を往復したらしい。とんだおかわり君だ。

 

その話を聞いて、ついに年下(予測だけど)が青姦をし始めるような歳に自分もなったのかと、ひどく感慨深い気持ちになった。

甲子園球児が全員年下と気づいた時と同じ気持ちになった。きっとあのカップルにとってはあのベンチが甲子園で、バットが竿で、ボールが金玉で、まんkがキャッチャーミットなのだ。

白濁液に青春をかける青姦カップルにしみじみしつつ、青姦を実際にする大学生がいる時間軸にたどり着けて良かったと心から思った。

 

一度2人の間でした話をラジオでまた話すのも白々しいし、ライブでもできない話なのでここに安置しておきます。

アメリカ人って全員46歳じゃない?

f:id:ffb_wm:20180518120443j:image

今ハワイで、日本人がイメージするバカンスの象徴みたいな状況にいる。上の写真は本当に今撮った写真。

いとこの結婚式のためにハワイに来ているのだが、芸人をやっていたらよほどうまく転がらない限りあり得ない状況に、言いようのない違和感を感じている。どうでもいいけど違和感を感じるという言葉は今はもう間違いではないらしい。間違える人が多すぎて、日本漢字の読み方決めます協会がついに折れたのかな。だとしたらマジで悔しかっただろうな会長。

 

あまりにも時間が有り余っているので、最近見ないようにしていたTwitterを覗いてみたら同期な後輩が近いライブの告知をしていたり、近しい先輩が結果を残していたのでしんどくてページを閉じた。こういう事があるからSNSは良くないんだ。

 

昔から他人の成功を一緒に喜ぶ事ができない性格だった。いや、正確には他人の自分の関係する分野での成功を一緒に喜ぶ事ができない。

オリンピック選手や高校野球での誰かの成功は人並みに喜ぶ事はできるけど、自分がレギュラーで出られない部活の試合は正直全部負ければいいのにと腹の底で思っていた。自分の好きな事で自分が嫌な思いをするのが許せないんだろうな。

 

成功者の法則みたいな本を読むと、競合社を敵ではなく仲間だと思えみたいなことが書かれてるけど、そんなんある程度軌道に乗り出してから自分の行動に正当性を持たせたいがために思いついたたわ言にしか聞こえねえよ。急に天国行きたくなっただけだろお前。

あと、自分の本当に好きな事なら努力を苦しいと思わないので全て楽しめる理論もやめろ。子供好きな人が、子供産む時の陣痛楽しんでるわけねえだろ。痛みを感じた時点で子作り向いてないって言ってるようなもんだぞ。良いことも悪いことも含めての「好き」だろ。

 

マウイ島で何考えてんだよ。昼寝して水着の外人視姦してこよ。

ハワイに行くことによる浮かれもあるだろう

連敗が続いている。

ちょっと前にオーディションやバトルライブでちょちょちょんと勝てて浮き足立っていたら、その浮いた足元を見事にすくわれてしまった。

どうでもいいけどこの浮足の表現の連鎖から、勃起した陰茎が射精をすると尿意が呼び起こして、放尿をする事によって勃起が治まるという話を聞いた時くらいのスマートさを感じる。武士が刀を鞘から抜いて鞘に収めるが如く。連敗のせいでこんなことしか頭に浮かばないくらい順調にバグってきている。

 

後からこんなことを言うのは一番ダサいのは承知しているけれど、負ける時は戦う前から負けるなという謎の勘が働くことが多い。ここ最近ライブの数が多い+無闇にぶち込んだ夜勤シフトの板挟みになって、新ネタをほとんど降ろし切れていない。

かといって鉄板ネタを持っているわけでも無い。正直ネタを叩くという行為がどうも苦手で、新しく浮かんだネタの方にひょいひょい意識が移ってしまう。M-1で結果を出している人が一年かけて叩き上げたネタを持って行ったと言う話をよく聞くけど、どうしてもそのネタの旬が自分の中で過ぎてしまい、ある程度のネタを作ってきたはずなのに、バトルライブ前になるとネタが無いネタが無いと嘆いている。

 

とりあえず旬などという、優れた芸人だけがこぼせるカッコいい言い訳から離れて、防腐剤を大量に詰め込んででも一年は賞味期限を伸ばせるようにならないといけない気がするなぁ。